ドッグフード


ドッグフードはわんちゃんが毎日食べるものですので、やはりちゃんとしたものを食べさせてあげたいですよね。

ただ、油断をしていると、ドッグフードには何が入っているかわかりませんから、キチンと具体的に成分の記載されているものに限定して購入するようにしましょう。BHA(ブチルヒドロキシアニソール)やBHT(ブチルヒドロキシトルエン)、エトキシキンなどの合成保存料は発ガン性があるといわれていますので、そういう成分が入っているドッグフードは論外です。最近は有名ブランドのドッグフードであれば、安心して食べさせられるようですね。それだけでも各ブランドとも様々なバラエティに富んだドッグフードをラインナップさせているので、年齢や状態に応じたドッグフードを選ぶ事ができます。

ドッグフードは、年齢に応じて離乳食、子供犬用、成犬用、老犬用などに分かれています。それぞれのライフステージにより必要な栄養分が違ったり、食べやすさが違ったりしますので、年齢に応じたドッグフードを与えましょう。成犬のドッグフードを子供犬用のまま変えないでおくと、ワンチャンが肥満気味になりますので注意しましょう。

ドッグフードには、ドライタイプ、ウェットタイプ、そしてその中間タイプがあります。ドライタイプは、肉、魚、穀物などの原料を粉砕、過熱したのち圧縮成形したもので、水分は10%程度までです。ウェットタイプは、肉類を主原料として缶詰にしたもので、水分は75%程度です。価格や管理のしやすさなどから言ってドライタイプをメインにするのが通常ですが、そればっかりではわんちゃんも飽きますので、適宜ウェットタイプや中間タイプを取り混ぜましょう。

ドッグフードは給餌量も重要です。基本的には毎回キッチリと定められた量を守ってあげましょう。そして、わんちゃんの食いつき、健康状況、そして便の様子などを観察して、以上があれば給餌量やドッグフードの内容を調整することが大切です。

病気のときやあまり食欲がないときは消化の良いものがいいですが、そういうときは白身魚、鶏肉のささみ、チーズのお粥などに変えたほうがいいかもしれません。もっとも、お粥は水分が多いのでウンチがユルイときは止めた方がいいかもしれません。