犬の芸


[PR] 愛犬と楽しく遊ぶ!遠藤和博の犬の芸講座


基本的にはわんちゃんに芸を仕込むときは、食べ物やオモチャで誘導します。これらを持ち歩いていれば、いつでもヒマを見つけて訓練できますね。注意点としては、無理強いはいけません。また、ある程度できるようになったら、人前で披露して、みんなに喜んでもらえばわんちゃんも益々ヤル気が上がって上達します。

犬の芸の代表といえば、「お手」と「お座り」ですね。

「お手」はウチの場合、食べ物をあげるときに自分の手のひらの上にわんちゃんの手をもっていって、それができたらあげるようにしたらできました。

「お座り」については、テレビ東京の「TVチャンピオン」を見てコツがわかりました。要するにお座りを教えるときに、食べ物を犬の頭上に持っていき、それを後ろに動かせば自然とお座り姿勢になるんですよね。で、そうなったときに思い切り褒めてそのエサをあげる、これを繰り返せばわんちゃんはお座りを覚えてくれます。

「伏せ」も同じで、食べ物を犬の前の低い位置に持っていけばいいんです。

我が家はここまでですが、もっとわんちゃんに芸を仕込みたいという方は、TVチャンピオンの「犬のしつけ王」に習ってください。DVDですので、見て学べますから、分かりやすいでしょう。

愛犬と楽しく遊ぶ!遠藤和博の犬の芸講座

こちらのマニュアルで学べば、お座り、チンチン、おつかい、伏せ、キャッチ&ドロップ、股くぐり、8の字くぐり、おまわり、ほふく前進、ローリング、抱っこ、バーン!、吼えろ、棒とび&足とびができるようになるそうです。